So-net無料ブログ作成

ウユニ塩湖とマチュピチュに行きたい [旅行]

テレビの絶景シリーズでボリビアにあるウユニ塩湖と、ペルーのマチュピチュに行きたいと思って、今度の旅行を計画中です。

数年前まではあまり知られていなかったけれど、今はテレビで取り上げられてから、認知度が高くなりましたね。

今年の2月に歌舞伎の中村七之助さんが、行かれてテレビで感想を話されていました。
ガイドさんが当日こなかったエピソードやウユニ塩湖に感動した様子でした。

と言っても、ウユニ塩湖とマチュピチュを一回で行こうとすると予算が添乗員つきで一人80万円かかるんですよね~

かなりの金額なので、今、2年かけて貯め始めました。
2017年に行く予定です。

ボリビアとペルーは、英語がほとんど通じず、スペイン語なんですって。

なので、言葉のできない私は添乗員がいないと不安なので、旅行代金が高くても、準備したほうがいいと考えています。

ウユニ塩湖は見渡す限りの広大な白銀の大地で、雨季には地面が鏡のようになって、空の色が反響して上下対照の不思議な光景が見れるんですよ~

天候次第で、満点の星空が地面に鏡に映ってるのをテレビや本で見ると、実際にその場にいるとしたら、声にならないほどの感動が待ってると思うのですよね~♪

絶景です!絶景。絶対にみた~いです。


マチュピチュは15世紀のインカ帝国の遺跡です。首都はクスコで標高3,400m。
マチュ・ピチュから、さらに千メートル程高い場所に、その首都がありました。
まだまだ謎が多いマチュピチュなんです。

高山病が心配なので、準備は万端にしていかなければなりません。
酸素が薄いところでは、飲む酸素とかもあるそうです。日本から病院で処方箋で、準備していく方も多いようです。
せっかくの旅行に行って、高山病にかかってしまったら、楽しめなくなったら残念な結果になると大変なので、準備はしていこうと思います。

自分の目でしっかりと、ウユニ塩湖とマチュピチュを見る日がくるのが楽しみに日々、頑張ろうと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石垣島旅行に行くときの持ち物と天気について調べていった [旅行]

石垣島に人生ではじめて旅行してきました。
今回はユナイテッドマイルで、特典航空券を利用して、個人手配をしました。

海リゾートへの持ち物は、他とは違う持ち物が必要なんですよね~
ちゃんと記録しておきます。

服装

石垣島の場合は6~10月いっぱいまでは半袖でOK!
10月~12月は晴れたら日焼けします。TシャツでもOK!

雨が降ったり、季節風があると、ウィンドブレーカーやフリースを用意していったほうがいいです。

足元はサンダルがよかったです。
ドライブしていると綺麗な海がすぐそぐそこに!チャボンって、すぐに浸かれますから~♪
サンダルを持って行くのを忘れても、石垣島では離島ターミナル(離島に行く場合に利用する船のチケットを買ったり、購入するところ)で売ってますし、私が泊まったホテルでも売っていました。
お値段も、500円~1000円と安かったです。

薄手の長袖

パーカーでもなんでもいいですが、肌を出さないように気を付けないと、大変な日焼けをしてしまいます。一番は肌を見せないことです。
帽子やサングラスも、おばちゃんスタイルになろうが、肌は必至に守りました(^_^.)

日焼け止めは絶対ですよ~♪


水着とバスタオル&シュノーケリングセット

シュノーケリングが趣味な私たち夫婦は、自前のシュノーケリングセットをスーツケースに詰めていきました。

泳ぐ予定がなくても、綺麗な海をみると入ってみたくなることありますよね~
私は毎日、泳ぎたい泳ぎたい!でした。

泊まってるホテルで洗濯をしました。
ハンガーも洗濯粉もサービスのところだったのでよかったですよ。
荷物減りますものね。
こうしたサービスがあるところを探してみるのお奨めです。

石垣島にはマックスバリューが数件あって、私たちは毎日のようにレンタカーで通いました。
あちこちと移動を考えている場合はレンタカーはあったほうが役立ちます。
私たち夫婦は1週間、レンタカーを借りました。
レンタカー料金、安かったです。早目に予約すると、割引などがあって、15000円くらいでした。

足りないものは現地でも手に入ります。本土のように品揃えが多いとは思わなかったけれど、日本なので、基本、同じものが売っていたので安心でした。

石垣島に限らず、沖縄では天気予報はあまりあてにならないでようです。
台風が一番、気になりますね。でもこれは運ですね。
石垣島予約するとき、勇気がいりました。

個人手配したときには、台風で飛行機が飛ばなかったりすると、自分で宿泊先やレンタカーキャンセルとかね、延泊などの手続きをしないといけないので、不安でした。
石垣島では波照間島(高速フェリーで60分のところにある島)に行く予定でしたが、連日、船が出ませんでした。
レンタサイクルを予約していたので、2回も、電話してキャンセルをお願いしました。
沖縄の方は、悪天候のときの対応は慣れているようです。

石垣島は、ハブが生息している島です。
沢山、穴場なビーチがあるのですが、そこにたどりつくまでに、草でうじゃうじゃしている場所も多いので、人がいないと怖くて前にすすめませんでした。
ホテルの人に聞くと、それほど心配いらないそうですけどね、ハブにあったことのない私はビクビクでした。

持ち物とは関係ないですが、石垣牛とソーキソバ、凄く美味しいかったです。
黒島の、自転車レンタルで、お店のおばあちゃんが作ってサービスでくれたサーターアンダーギーが絶品でした。

又、食べたいなぁ~(#^.^#)









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。